コーティング施工について|埼玉のカーコーティング専門店【プロコ】| セラミックコーティング、ガラスコーティング、八潮市、川口市、三郷市、東京

コーティング施工について

カーコーティング専門店の施工品質。年間
300台以上を施工し続けてきた経験と技術

カーコーティングの施工プロセスは、すべての工程に多くの経験と技術を要します

カーコーティングの施工プロセスは、すべての工程に多くの経験と技術を要します。
クレンジング洗浄に始まり、ボディ研磨、コーティング剤の施工方法、各パーツの処理方法など、様々な知見がないと正しい仕上がりにはなりません。
Procoでは、“極力塗膜を削らない”ボディ研磨と、見えない汚れも落とす“クレンジング洗車”、そして、その仕上がりレベルを見極める“匠の目”で、どこよりも美しい仕上げをお約束致します。

コーティング施工の手順

足回り、ドア内、外装細部の洗浄

足回り、ドア内、外装細部の洗浄

まずは、ホイール、タイヤ、タイヤハウス、マフラーエンドや、バンパーの裏側をボディ用とは別の専用スポンジや専用ブラシを使い洗浄します。ホイールはナットホールは勿論、普段は洗う事の難しい裏側までキッチリ洗います。
ドアを開けてヒンジ等があるドアの内側の洗浄を行います。窓ガラスのゴムモールやバンパーや各部品の継ぎ目、エンブレム等、各部位に合わせてスチームや筆など、それぞれに適した道具、液剤を使い分け洗浄します。(必要に応じて部品を外す事もございます。)

クレンジング洗車

クレンジング洗車

塗装には、埃や泥はね染みなどいった目に見える汚れとは別に、目に見えない汚れがあります。実は、この目に見えない汚れほどコーティングを行う上で厄介なものはありません。塗装は非常に小さな粒子の集まりで、その粒子の中に入り込んだ汚れや油分等を取り除く「特別な洗車法」がコーティング施工では重要なのです。

一般施工店で行われる
洗車法

一般施工店で行われる洗車法

表面に見える砂埃や泥はねなどは比較的簡単に取り除けますが、ボディーに固着した汚れや染みは、力と摩擦を加え、強制的に取り除こうとします。しかし、固着し化学変化した汚れは取れません。これらは全て洗車傷となり、塗装を痛め状態を悪くさせるだけでなく取り除けない汚れも多く残りますし、洗車で表面の汚れは落とせても塗装内部に入り込んだ汚れは取り除けません。

コーティング用
ケミカル洗浄

コーティング用ケミカル洗浄

当店の洗車法は、汚れの特性に合わせて、各種ケミカル洗浄剤を使い分けるクレンジング洗車で汚れを落とします。
力を加えず、塗装やボディに負担をかけることなく、化学分解により塗装内部に浸透した汚れまでも確実に根こそぎ取り除きます。(雨染み、スケール、鉄粉、水垢、黒ずみ、ピッチ、タール、融雪剤、油膜、虫跡、ワックス固着、塗装ミスト等・・・除去)

鉄粉除去

鉄粉除去剤と特殊セラミック粘土を使って、ボディー表面のざらつき(鉄粉、ピッチタール)を取り除きます。特殊セラミック粘土は、よくもんで柔らかくし、ボディーにキズがつかないよう注意をはらいます。鉄粉が落ちているかどうか、指先でボディー表面の手触りを入念にチェックしながら丁寧に取り除いていきます。

拭き取り、エアーブロー

拭き取り、エアーブロー

良く濯いだ後はボディ表面の水分はもちろんのこと、ボンネット・ドア・トランクなどの内側も拭き取りを行います。
また、隙間などに溜まっている水はエアーガンでブローして徹底的に吹き飛ばします。

コンディションチェック

専用の照明の下でボディーのコンディションチェックを行います。ここで、何万通りも考えられる施工方法の方向性を決定します。この時の見極めによって、どのような仕上がりになるのかがほぼ決定するため、念入りにチェックします。

マスキング

マスキング

磨く際にバフが当たると素材を傷めてしまうのでプラスティックパーツ、モール、ゴム類などをしっかりとマスキングします。
工程を重ねて磨いていくので、コンパウンドの研磨粉がガラスや細部に入り込んだり付着しないようにマスキングシートで養生します。

ボディポリッシュ
ボディポリッシュ

研磨後(5割磨き)

研磨前

ボディポリッシュ

ボディコーティングの施工にはこの研磨作業が要で、施工者の経験と技術が問われる工程でもあります。 様々なライティングの種類の組み合わせで細かいキズを発見し、何万通りも考えられるコンパウンド、ポリッシャー、バフなどの道具の組み合わせによってキズを消し、美しい下地を作ります。この行程は特に丁寧に行うため、相当の時間を費やします。
ボディ表面を研磨する際、主にコンパウンド(研磨剤)、ポリッシャー(研磨用機械)、バフ(ポリッシャーに装着して使用する道具)、ライティング(照明)の4つの道具が必要となります。これらの道具には、それぞれに種類があります。コンパウンドは種類によって研磨力の強弱が異なります。
また、ポリッシャーは大きく分けて3種類(シングル回転、ギアアクション回転、ダブルアクション回転)に分類され、いずれも目的に合わせて使い分けます。バフは素材の違い(ペーパー、ウール、ウレタン、など)によって特に研磨力が変わります。ライティングにも蛍光灯、LED、ハロゲン、水銀灯、メタルハライドなどの種類があり、それぞれに見える傷、見えない傷があります。状態に合わせ様々な組合せで使用する事でボディについた細かな傷まで徹底的に見つけ出します。
各道具の種類が異なるだけでも研磨力は変わりますが、それぞれの組合せを変える事で緻密な差異を出すことができます。何通りもの組み合わせが考えられる道具を自在に操り、施工車のボディコンディションと ボディコーティング剤に合うような下地処理ができるのは、プロフェッショナルだからこそ成せる技です。

細部ポリッシュ

細部ポリッシュ

まず、研磨しない箇所を保護していたマスキングや養生を取り除きます。
ポリッシャーが入らない場所の手磨きや磨きの際に隙間などに入り込んだコンパウンドや汚れを隅々まで綺麗にします。

脱脂作業

当店では水溶性コンパウンドを使用している為、余計な油分はありませんが、研磨時に出る粉などを再度、 脱脂シャンプーにて綺麗に洗い流します。洗車キズをつけてしまっては折角、丹念に磨いた意味がなくなってしまいます。
そのため細心の注意をはらい、キズがつかないようにたっぷりの水で、できるだけ泡で洗うようにします。細心の注意をはらい水分を拭きあげ、しっかりとエアーブローします。

コーティング塗布

10コーティング塗布

ここまでの工程を経てようやくコーティングの塗布です。コーティング剤やボディーコンディションに合った方法で、前から順に施工していきます。ある程度の範囲にコーティング剤を塗布したら、コーティング剤に含まれる硬化剤が反応するまで少し待ちます。硬化剤が反応しないうちに拭き上げると、定着が弱まってしまいます。かと言って硬化が進み過ぎると今度は拭き取れなくなったしまいます。「どれくらいの時間を待つのか」は、 気温、湿度、季節、コーティング剤によって違ってくるので、経験と感覚だけで判断します。クロスには裏表があり、それを使い分けながら傷が入らない様に細心の注意をはらい拭き上げます。拭き上げの加減も、経験とプロの眼が必要不可欠です。

11仕上作業

窓ガラスを綺麗に拭き、足回りは、タイヤにはワックスがけ、ホイールやマフラー等も綺麗に仕上ます。お車の全体の施工が終了したら、もう一度ボディ全体を確認しながら仕上げ、やり残しがないかどうか最終確認をして施工完了です。

完成

12完成

見ているとボディに吸い込まれそうになってしまいそうな深く透き通った艶、塗装面に映り込む照明や周りの風景の鮮明さ、お客様がお喜び頂く顔が目に浮かびます。 ご覧頂いた作業手順を追っていくことで、コーティングを施工するうえでもっとも重要な下地処理やコーティングまでの1連の流れをご紹介させていただきました。
コーティングにつきましてご不明な点やこちらの画像をご覧頂いてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。最後までご覧頂いてありがとうございました。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください